アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「山形」のブログ記事

みんなの「山形」ブログ


2013年2月 山形 冬の山寺立石寺(後編)

2013/04/09 06:22
 山寺奥之院から下山する。雪道の下山は登りよりも気を使う。
画像


 左手には一般人は立ち入り禁止の胎内くぐりの道。
画像


 雪に埋もれる開山堂。
画像


 絶景が見渡せる五大堂への道は雪で通行困難のため断念。
画像


 雪の階段を下っていく。
画像


 山内にも住んでいる人がいる。
画像


 雪対策で囲われた玄関口。
画像


 今来た道を振り返る。中央が開山堂。右上が五大堂。
画像


 仁王門からさらに下る。
画像


 雪に埋もれる仁王門前の階段。もはや滑って降りたほうが早い。
画像


 彫り込まれた岩を見ると、厳かな気持ちになる。
画像


 せみ塚を通過。
画像


 岩と木々の間を縫うように下る。
画像


 雪に悩まされながら山門に到着。
画像


 朝日を浴びる山門。
画像


 往復で約2000段。
画像


 山門のそばにあった幸福の鐘。
画像


 雪に埋もれた境内を進む。
画像


 本坊に到着。
画像


 日を浴びる本坊の玄関。
画像


 本坊前でお休み中の猫たち。
画像


 下山口は登山口とは別の場所にある。
画像


 立石川を渡る。上流には面白山高原がある。
画像


 店の玄関に残る山形新幹線開業時のステッカー。
画像


 山寺駅に戻る。待合室は民家風の造り。
画像


 ホームの山形方面の看板には花笠のイラスト。
画像


 仙台方面の看板には七夕のイラスト。
画像


 再び仙山線に乗り、仙台方面へ戻る。
画像


 紅葉川渓谷を進む仙山線。
画像


 仙山トンネルを抜けると宮城県仙台市。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2013年2月 山形 冬の山寺立石寺(前編)

2013/04/08 06:20
 山寺駅は外装工事中。ここは山形県山形市。
画像


 駅前にはモンテディオ山形カラーのタクシーが。
画像


 駅前からは立石寺が見える。
画像


 レトロな山寺ホテル。
画像


 山寺の各所に立っている道案内。
画像


 立石川を渡る。この川の水は最上川に合流し、日本海へ向かう。
画像


 河岸には巨石が鎮座している。
画像


 数日前に山形地区に降った大雪の影響で車道にも積雪があった。
画像


 立石寺の登山口に到着。
画像


 階段を登ると根本中堂がある。
画像


 その隣には山寺日枝神社。
画像


 神社の境内につくられていたかまくら。
画像


 松尾芭蕉の奥の細道で知られる山寺。芭蕉と曽良も雪に埋もれる。
画像


 名物「玉こんにゃく」の売店も、冬はお休み。
画像


 登り口の山門に到着。
画像


 冬は訪れる人も少ないためか、拝観料は料金箱に入れる無人式となっていた。
画像


 いよいよ登りに取り掛かる。
画像


 大雪から間もなく、拝観者も少ない登山道を苦闘しながら登る。
画像


 ほどなくせみ塚に到着。
画像


 巨石を見上げる。
画像


 山門から10分ほどで仁王門に到着。
画像


 仁王門前にて振り返る。もはや階段というより滑り台。
画像


 雪で階段がつくられているところもある。
画像


 山の上にも郵便屋さんはやってくる。
画像


 山門から約20分で奥之院に到着。
画像


 雪に埋もれる奥之院と大仏殿。
画像


 冬は正月などを除いて閉堂となっている。
画像


 奥之院の前にある鐘つき堂。
画像




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2013年2月 仙台から仙山線で山寺へ

2013/04/07 06:22
 朝の仙台、駅前にある高層ビル「アエル」。
画像


 ベガルタカラーのタクシーが走る。
画像


 仙台を東西に走る広瀬通。
画像


 東北最大のターミナル、仙台駅。
画像


 大都市仙台とはいえ早朝は歩く人もまばら。
画像


 甲子園応援の看板がかかる。
画像


 仙台駅のきっぷ売り場。
画像


 沿岸部の路線は津波の爪痕が残る。
画像


 原発周辺を通る常磐線の復旧の目途は立っていない。
画像


 大きな駅舎を生かし、イベントもよく行われる。
画像


 大時計が迎える改札口。
画像


 今回は仙山線に乗る。
画像


 仙台と山形を結ぶ仙山線。
画像


 仙台を出発した電車は郊外の新興住宅地を進む。
画像


 途中で東北自動車道を渡る。
画像


 山形県境まで仙台市だが、30分ほど進むと、積雪が増えてくる。
画像


 作並駅の手前では左手にニッカウヰスキーの工場が見える。
画像


 雪に埋もれる奥新川駅。ここもまだ仙台市内。
画像


 仙山トンネルを抜けると山形県に入る。面白山高原駅に停車。
画像


 仙台駅から1時間ほどで山寺駅に到着。
画像







記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2011年1月 仙台・山形・山寺

2011/01/01 23:03
 2011年の年明けは東北から始まる。

 仙台市郊外 JR仙山線 作並駅。 
画像


 作並温泉の玄関口。
画像


 交流電化発祥の地。
画像


 雪山を進む仙山線。
画像


 山形県に入り、山寺駅に到着。
画像


 ホームから見た立石寺。
画像


 山寺の玄関口 山寺駅までは仙台駅から仙山線で約1時間。
画像


 駅前にあるクラシックなホテル。
画像


 立谷川にかかる宝珠橋。
画像


 参考資料 山寺観光協会 http://www.yamaderakankou.com/

 迫力ある巨石。
画像


 まずは立石寺本堂でお参り。
画像


 本堂の隣にある山寺日枝神社。
画像


 たき火で暖を採る。
画像


 山門は工事中。
画像


 松尾芭蕉の奥の細道ゆかりの寺。
画像


 長靴を借りて参道を登る。今年は雪が解けており、歩きやすかった。
画像


 奥の院まではあと少し。
画像


 奥之院に到着。
画像


 五大堂からの眺め。蔵王連峰も臨める。
画像


 仙山線で北山形駅に到着。
画像


 山形名物 冷やしラーメンは、元旦から営業中。
画像


 北山形駅前にあった妙なたこ焼き屋。
画像


 山形駅まで行き、霞城公園まで歩く。
画像


 城の入口を守る雪だるま。
画像


 山形城の建物は残っていないが、濠などがある。
画像


 橋は復元された。
画像


 将来的には建物の復元も検討されている。
画像


 山形は、江戸初期に最上氏が改易になった後、しばしば藩主が交代している。
画像


 参考資料 山形市観光協会 http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/

 明治期に病院として建てられた山形市郷土館(旧済生館本館)。
画像


 城跡に建てられた山形県立博物館は、正月のため休業。
画像


 山形藩初代藩主 最上義光の像。伊達政宗の最大のライバルだった。
画像


 東大手門から城外へ出る。
画像


 城の門前にある山形美術館。
画像


 最上義光歴史館。
画像


 山形の玄関口 JR山形駅。
画像


 仙台と山形を結ぶJR仙山線。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2010年1月 仙台・作並・山形・山寺

2010/01/01 23:09
 2010年が明けた仙台市作並。

 東北は雪の年明けとなった。
画像


 駅の利用客を迎える作並こけし。
画像


 作並といえば温泉。
画像


 ニッカウヰスキーの醸造所がある。
画像


 日本の交流電化発祥の地でもある。
画像


 仙台と山形を結ぶJR仙山線。
画像


 トンネルを抜け、山形へ。
画像


 大雪の山寺駅。
画像


 初詣客が訪れる山寺日枝神社。
画像


 立石寺本堂。
画像


 雪の中、山寺へ登る。
画像


 雪で足元が滑りやすい。
画像


 木々も凍っている。
画像


 10分ほどで山門に到着。
画像


 山寺奥之院。
画像


 五大堂から眺めた山寺駅。
画像


 登山口へ戻る。芭蕉と曾良も寒そう。
画像


 山寺駅前の山寺ホテル。
画像


 山寺駅展望台からみた立石寺。
画像


 仙山線で山形駅へ。
画像


 山形市内の山交バスターミナル。地元のスーパーのヤマザワが入っている。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年3月 山形 酒田・銀山温泉・瀬見温泉

2009/03/22 21:44
 銀山温泉の朝。
画像


 瀬見温泉にて、冬は大活躍する除雪車。
画像


 義経、弁慶ゆかりの地、瀬見温泉。
画像


 ひなびた温泉街。
画像


 レトロな雰囲気。
画像


 橋の欄干には義経像が。
画像


 新庄駅に到着。新庄まつりの台車を展示。
画像


 山形新幹線の終点、新庄駅、多目的施設「ゆめりあ」を併設。
画像


 ゆめりあ内では物産品が売られている。
画像


 山形新幹線つばさ。
画像


 陸羽西線で酒田へ向かう。
画像


 最上川は雪解け水を集めて流れる。
画像


 庄内平野に入ると風力発電所が見える。
画像


 余目駅に到着。
画像


 陸羽西線から羽越本線に乗り換え。
画像


 余目駅前の様子。
画像


 庄内地方の二大中心地の一つ、商都酒田に到着。
画像


 雨の酒田駅前。かつては北前船で栄えた街。
画像


 旧本間邸。
画像


 かつての大地主、本間家の栄華をしのぶ。
画像


 旧本間邸別館。
画像


 昔、使用されていたものを展示。
画像


 川沿いにある山居倉庫。
画像


 米どころ、庄内平野の象徴、庄内米資料館も併設している。
画像


 並木との組み合わせがいい。山居倉庫は今も現役で使用している。
画像


 酒田市役所。
画像


 酒田中心街の様子。
画像


 酒田駅にて。「大阪方面」の表記が北前船以来の交流をしのばせる。
画像


 酒田から特急いなほ号で羽越本線を北上し、秋田に到着。
画像


 夜の秋田駅改札口。
画像


 秋田といえばなまはげ。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年3月 山形 肘折温泉・銀山温泉

2009/03/21 21:29
 山形2日目、蔵王温泉から山形市を通り、山形自動車道を走る。

 月山はまだ雪が残る。
画像


 肘折温泉カルデラ温泉館。肘折温泉はカルデラの底に出来た温泉。
画像


 尾花沢の道の駅。
画像


 尾花沢のイメージキャラクター「ねまる」。尾花沢市はスイカの名産地。
画像


 おしんの舞台、銀山温泉に到着。
画像


 風情のある建物が立ち並ぶ。
画像


 渓谷沿いに並ぶ旅館街。
画像


 奥には滝が流れる。
画像


 見事な鏝絵。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年3月 山形 平清水・蔵王

2009/03/20 21:22
 3月下旬の3連休。山形へ。

 東京駅から山形新幹線つばさに乗車。
画像


 山形に到着。平清水焼の窯元がある平清水へ向かう。
画像


 日用的な焼き物が中心。
画像


 蔵王温泉へ。硫黄分が多い。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2009年正月 仙台・山形・山寺・左沢

2009/01/02 23:10
 2009年のお正月は仙台へ。

 仙台の奥座敷 作並温泉は雪模様。
画像


 こけしの名産地 作並、駅にもこけしが。
画像


 仙山線で県境を越え、山形県へ。山寺駅に到着。
画像


 雪の山寺駅。
画像


 駅前には風格のあるホテルがある。
画像


 巨石が見られる立谷川。
画像


 立石寺本堂。
画像


 860年、慈覚大師により建立、天台宗である。
画像


 雪の参道を登る。足元に注意。
画像


 巨石が並ぶ。
画像


 奥の細道 松尾芭蕉の「閑さや 岩にしみ入 蝉の声」で有名。
画像


 奥の院まで上る。冬は休みだが、正月三が日は特別拝観。
画像


 五大堂から眼下を見る。
画像


 小さな雪だるまが作られていた。
画像


 門前町、山形名物「玉こんにゃく」を売るお店もある。
画像


 JR山寺駅から見た立石寺。
画像


 読み方が難解な左沢線で終点 左沢(あてらざわ)へ。大江町はラ・フランスの産地。
画像


 左沢駅付近の車窓から眺められる最上川。
画像


 住宅街の中にあるJR北山形駅。
画像


 北山形駅西口の目の前にある「栄屋分店」で、山形名物「冷しラーメン」を食べる。外は寒いが、やはり美味しい。
画像


 県都 山形駅に到着、東口には駅ビルがある。
画像


 山形駅西口の再開発ビル 霞城セントラル。
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「山形」ブログ

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

リンク ブログ

東京周遊日記-Around the world- 山形のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる